匠 Vol.3 Chopin を開催しました

匠 Vol.3 Chopin を開催しました

2019-04-11T19:00:29+00:002019-03-31|EVENT, PAST|

3月30日(土)に第3回 匠(Touch to the
classic music)を開催しました。

テーマはショパン!!

 

Fredric Chopin(フレデリック・ショパン)

1810年3月1日ー1849年10月17日(39才) ポーランド人 ロマン派
外見:面長、ブロンド、青い目、鼻筋の通っていた 身長170cm位 45kg(ほそっっ!!)
性格:社交性あり。モノマネ得意でひょうきんな一面も?
好きなもの:綺麗でオシャレな物(白い手袋、仕立ての良い服)ホットチョコレート

結婚:一生独身(9年間同棲した彼女はいました)

ポーランドのワルシャワ近郊で生まれ、ポーランド人の母、フランス人の父に愛されて育ちます。20歳でウィーンに渡りましたが、シュトラウスの踊れるワルツが大人気だったウィーンでは成功を勝ち取れず、わずか8ヶ月でウィーンを去ります。その後移ったパリではサロン(貴族の社交の場であった)で大人気となり、演奏の場はサロンがほとんどでした(本人もホールでの演奏よりサロンでの演奏が好きだった)ショパンにレッスンしてほしいと願う貴族は多く、彼のレッスンは1レッスン10万円!だったそうです。9割以上がピアノ曲だったショパンの作品は「英雄ポロネーズ」を始め名曲ばかりでしたが、言葉で音楽を強要する事を嫌っていたショパンは自分でタイトルを付けませんでした。祖国愛に溢れていて、人生最初に書いた曲はポロネーズ、人生最後に書いたのはマズルカでした。60曲ほど書いているマズルカにはその時その時のショパンの全てが込められていると言っても過言ではありません。

演奏曲目
*ワルツ 第1番「華麗なる大円舞曲」 Op.18
*バラード 第4番 Op.52
*マズルカ 第13番 Op.17-4
*マズルカ 第23番 Op.33-2
*ポロネーズ 第6番「英雄」 Op.53

 

前の記事
新しい記事